トップ画像1 トップ画像2 トップ画像3

保育理念・目標・特色

子どもを人格を持った一人の人間として尊重し、その心に寄り添い、自身を育て、仲間や周囲の自然を大切にする子どもに育つよう援助します。
保護者が安心して仕事や子育てができるように援助します。
地域の子育てを援助します。



「心豊かで 意欲的に遊べる子」
自分で考え、自分で行動できる子
相手の気持ちを思いやり、自分も他人も大切にする子
健康でよく遊べる子



◆育児分担制
0才児から2才児のクラスでは育児分担制を実施しています。
育児分担制とは、担当保育士を決め原則決まった保育氏が生活面の援助をする保育方法です。
情緒が安定し大人との信頼関係が生まれ、一人ひとりの気持ちに寄り添いながら、丁寧な保育を行うことができます。

◆異年齢保育
幼児クラス(3才児以上)では、異年齢保育を実施しています。3クラス編成で、それぞれ3才児から5才児の子ども達が一緒に生活をします。年下の子は年上の子に対する憧れや目標が生まれ、年上の子は年下の子に対する優しさや思いに気づくことにより、保育目標である心豊かな人格形成を目指しています。

一番上へ戻る